ナビゲーションスキップ
白樺湖の観光情報 池の平ホテルブログ

七年に一度の奇祭?!御柱祭!!

  • 投稿日時:2016/04/03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

モモです(*-v・)

 

昨日から諏訪地域がざわついていますdanger

何があるかというと………

「式年造営御柱大祭sign01」、またの名を御柱祭ですsign03

 

諏訪地域にある諏訪大社のお祭りで、大社は上社と下社にわかれ

さらに上社本宮上社前宮下社春宮下社秋宮といったようにお社がわかれておりますconfident

 

この御柱祭ですが、坂の上から大木を落とす光景が有名かと思います…

では他には何をしているのか…?どんなお祭りなのか…?

実はモモも詳しくは知らないので、この機会に一緒に知識を深めてみましょうflair

 

今から1200年以上前、起源は諸説あるようで詳しいことは明らかになっていないようですthink

7年に一度とうたわれていますが、実際には6年に一度、数え年で7年です。

宝殿の造りかえと御柱を山から曳きだし境内にたてる一連の行事が御柱祭ですimpact

 

4月には山から御柱をだす【山出し】が行なわれ、

5月に里まで運ばれた御柱を境内に建てる【里曳き】が上社と下社それぞれであります。

今回4月2日~4月4日は上社の【山出し】が行なわれています。

ここでは「木落とし」「川越し」が見所のひとつnotes

(山から境内に御柱を運ぶために、道中にある崖や川を越えているのだと思っていただければ…good

こちらが「木落とし」の様子ですeye

写真 2 (2).jpg

写真ではわかりにくいですが、上社は傾斜約30度、距離80mの木落とし坂ですbomb

ここから氏子を乗せたまま一気に御柱を落としますimpact

死者が出ることもある一番危険な行程であり、奇祭と呼ばれる由縁でもありますdanger

続いて「川越し」

写真 1 (5).jpg

まだ寒さの残る4月に川の中に入り御柱を運びますwobbly

氏子たちの熱意の前では川の冷たさも些細なものなのでしょうか…?

境内までの道のりは険しいですshock

こちらは曳行の様子

写真 3 (2).jpg

要は御柱を引っ張って運んでいる様子です。

 

最も危険な下社の木落としは来週行なわれますdash

御柱の行程で一番の目玉といっても良いくらい迫力があるので、この機会に足を運んでみては…?

ただ、氏子だけでもかなりの人数がいるため、会場はとてつもなく混みあいますsad

御柱を引っ張る曳行だけでも十分に雰囲気を楽しめるので、無理のない観光をshine

(御柱祭スケジュールはこちらをチェック)

 

そして5月の【里曳き】の目玉は「建御柱」

4宮それぞれに4本建てるため、御柱は計16本あるんですsign01

こちらもおすすめですよーhappy02

 

 

********************************************************

********************************************

**********************

さて、そんな御柱祭にちなんで、池の平ホテルではこんな宿泊プランをご用意いたしましたshine

↓↓↓1200年続く七年に一度の【御柱祭】8つの柱のお祝い特典付き 御柱祭プラン↓↓↓

宿泊予約は限定プラン一覧からhappy01

8つの柱の特典が付いている7年に一度だけのとってもレアなプランですnotes

御柱プラン.jpg

 

  • カテゴリー:宿泊プラン

ABOUT

白樺湖の畔に建つ大自然に囲まれたリゾートホテル。露天風呂、陶器風呂など多彩な湯殿も完備。和洋中エスニックのバイキング料理は、大人もお子様にも大好評。

<<  

 2016年4月 

  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
弊社のメディアポリシーについて
お電話でもホームページと同内容でご予約いただけます。 0266-68-2100 宿泊プラン一覧はこちら
このページのTOPへ戻る