ナビゲーションスキップ
白樺湖の観光情報 池の平ホテルブログ

さむい!寒い!さむい......

  • 投稿日時:2016/01/29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!しんちゃんです!
 
先週、雪が降ったと報告しましたがそれからの白樺湖はめちゃくちゃ寒いです……

 
昼間でも寒いときは1日中マイナスですし、夜は相変わらず最低15℃前後、そうでなくとも-12、3℃です。
そんな世界ですから帰った時の寮の室温が5℃でもその温度差でとてもあったかく感じます。
 
さて、先日の寒波で日本各地で最低気温が更新されたりと話題になりましたが、
皆さんは日本で観測された最低気温をご存知でしょうか?
 
おそらく多くの方が想像される通りその記録は北海道で観測されています。
今から114年前の1902年、北海道の旭川で観測された41℃です。
これは現在に至るまで日本で観測された唯一の-40℃以下の気温です。
 
今の白樺湖よりもさらに25℃以上気温が下がるなんて想像もできないような寒さですが、歴代の記録は軒並み白樺湖よりも20℃以上気温が低いのですから恐ろしい所です……
 
でも、そんな寒い場所でも人の生活があるって、なんだか不思議だなと時々思います。(思いませんか?)
自分は白樺湖のリゾート地としての面も好きですが、ちゃんと人の暮らしがあるところ、日常的な面も結構好きだったりします。
たとえば、冬の澄んだ夜空に満点の星が見える所は人工的な灯りの少ない白樺湖ならではの眺めで、他では中々体験できないここで生活する人の特権です。
 
そんな風に思いながら今日も-10℃以下の帰り道を帰ろうかと思います……。
 
 
 
と、ここまで写真が無いので今日は久しぶりに鉄道写真のコーナーです。

kiha183.JPG

いつぞやの北海道からの写真になりますが、
車両はキハ183系と言います。
 
誕生から既に30年以上と大ベテランの車両ですが、
今でも札幌を起点として南は函館、東は網走、北は稚内と
道内各地を走り続ける名車です。
 
特急用気動車のディーゼルエンジン音は電車では聴けない力強さを感じて、自分は好きです。
ただ、長野に住んでいると中々聞くことが出来ないのでここぞとばかりに堪能してきたのでしばらくは大丈夫です(何の話だ)
 
北海道というと前にもちょっとだけ紹介しましたが、3月には北海道新幹線が開業します。
ですが、新幹線以外の北の大地を走る鉄道にも少し興味を持ってもらえると幸いです。
 
 
 
それでは、また来週!

  • カテゴリー:

ABOUT

白樺湖の畔に建つ大自然に囲まれたリゾートホテル。露天風呂、陶器風呂など多彩な湯殿も完備。和洋中エスニックのバイキング料理は、大人もお子様にも大好評。

<<  

 2016年1月 

  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
弊社のメディアポリシーについて
お電話でもホームページと同内容でご予約いただけます。 0266-68-2100 宿泊プラン一覧はこちら
このページのTOPへ戻る